アパレル 初心者

アパレルブランド 立ち上げ 初心者によくある失敗

5.自分は何もできない

アパレルブランド 立ち上げ 初心者によくある失敗

本件は一番多いケースです。

ファッションブランドを作りたい!ただ一心の思いかもしれません。ですが、一心の思いなら何故何もできない自分が存在するのでしょうか?

自分ではアパレルの生産や販売に関する具体的な業務を何一つできない方が大変多くおられます。

 

根本的に熱意だけではどうにもなりません。熱意があるなら学ぶ事をするはずです。

理解しているふり(パフォーマンス)は全ての業務においてマイナスにしかなりません。相手が業界人なら直ぐにバレます。

 

自分で出来ないなら、外注と言う手段も勿論あります。ですが、交渉の場、打ち合わせの場、などで「わからない」事があるなら先には進みませんし、交渉相手も呆れてしまうでしょう。

 

相談、交渉する相手の時間を一体何だと思っているのでしょうか?

最低限の知識は身につけましょう。

 

貴方は何が出来るのですか?

 

6.衣類の大まかな原価を知らない

Tシャツ パーカーのような簡単な衣類でも、

依頼をする工場

生産国

生地

オーダー数量

などで商品の原価は大きく変わります。

 

何も知らなければ、相手の言うがままになりますし、オーダーを受ける工場によっても計算方式が異なります。

知っていなければ損をする場合も多くあり、相場を知らなければ交渉もできません。

工場はより利益の良い仕事が欲しく、オーダー側はコストの安い方が好まれます。

そもそもが正反対の思考。暴利なコスト生産は、無知な方が罪です。

 

アパレル商品のコスト計算方法 別ページに移動します

Tシャツ スウェット パーカー などの原価 コスト計算方法

 

 

商品コストの高騰は相手が騙したのではなく、あなたの知識不足が原因です。

初心者が失敗しない為には何をするのか?

基本的な事になりますが、ブランドを立ち上げ、服を作り、流通させるための最低限の知識は当然必要です。

知識や経験すぐには手に入りませんが、知ってしまえば大した内容ではないです。

 

むしろ簡単です

 

服の生産を依頼する立場であるなら、オーダー側のやるべき事を把握すれば、生産者とのコミュニケーションも潤滑に進みます。

 

服の生産には、主に次のような工程があります。(別ページに移動します)

アパレル商品の生産 工程 ( 編み 染色 縫製 )

 

-アパレル, 初心者

Copyright© Garments Style , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.