アパレル

Tシャツのウエイト (オンス) が違う理由

同じ糸番手でもウエイトが違うのは、糸の撚り、編み立ての工程が影響します。

糸の撚りを強く撚った場合、糸は細く丈夫な芯の強い糸になります。実際に糸をねじって見てください。糸が詰まって硬く丈夫になりませんか?

編み立て、生地を詰めて編み立てればそれだけ面積を埋めるのに多くの綿糸が必要となります。従ってgms目付け(平米目付け)は重くなります。

 

糸の撚りと詰まり メリットとデメリット

 

強い撚りと編み立てにより、同じ糸番手でも目付けが重くなり、薄くてもしっかりとした生地に加工が可能です。

しかしふんわりとした軽い風合いは失われます。生産コストは糸を多く使用している分高くなりますが、細い糸でもしっかりとした生地で耐久性に優れ長持ちして洗濯時にも型崩れが少ない。また双糸と呼ばれる撚りは二本の糸を一本に撚る方法でさらに、耐久と型崩れを防ぐ事が可能です。

 

基本的に単糸と双糸では、双糸の方が上質とされコストも高くなります。

 

糸に隙間をもたせた撚りと編み立ては、軽い風合いの生地になります。例えるならガーゼ素材がその例となります。生地に隙間がある事で、水分の吸収に優れ生地の乾燥も早くなります。ただし耐久は低く単糸の糸では特に斜行(生地が斜めに曲がる)が強く品質の厳しい業界では不良品として扱われる事もあります。

そのため斜行しない様に、生地に洗い加工を加える方法もあります。

 

同じ糸番手でも、どの様な糸の性質なのかの理解も深めましょう。

-アパレル

Copyright© Garments Style , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.